--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/01/2010    雲の上まで歩いて行く

りえさんの山ラッシュに便乗してみるテスト!


ご存知りえのうっかり山とできちゃった結婚しちゃうんじゃないかというほどの熱烈なる愛は持ち合わせていないくらたさん。
今年の夏の表銀座は,泊つき登山としては実に3年ぶりの山行でした。

常念という山で,朝日を見てきました。

常念頂上での朝日は大学2年生の夏以来,実に6年ぶりです

…あのころはハタチだったのになぁ…





その日、携帯のバイブがなったのは
朝の4時半。

ほかのお客さんもいるので電気はつけられません。
真っ暗な部屋の中,のそのそと準備をして,

どう考えたって寒い外に,意を決して「えいやあ!」と飛び出します。
暖かい山小屋を後にして,
朝日の見える頂上までは一時間ほど。


足場の悪い道を懐中電灯で照らして,寒さに身を固めつつ,
ただ一時間,山を登ります。


朝日が昇る前の山は,昼間の山とは少し違います。
なんだか、静かです。
寒くて暗いけれど,決して冷たくはない,静かさがあります。



耳に届くのは,風の音と,自分の息の音だけ




空は,見上げるものではありません。
山では,空は,自分と同じ高さにあります。



星はもう姿を潜めていて
うっすらと地面が見えるくらいの薄明かり
だけどまだ太陽の姿は見えない、薄く色づいたそら



振り返ると,北アルプスの山並みも、私の目の高さにあります。

それぞれの山が隣の山に薄い影を作って,姿が見えない太陽が、だけど静かに出てきていることを教えてくれていました。




これ



…ヤバイ







超心洗われてる?





超心洗われてるよ今!!!!



とか思いながら,足だけは前に進む。



そういう瞬間って,とんでもない非日常感,のようなものがあって,

それと,山の上って常に仲間と行動するからか,

仲間がそばにいるっていう安心感がいつもある。

その両方が,わかりますか。

たまんなく幸せなのです。



6年前は仲間だけの貸切だった頂上には,たくさんのひとがいたけれど、その日の朝日も、やっぱり綺麗でした。


うっかり結婚しちゃうほどの熱烈な愛は持ち合わせていないくらただけれども、

山に行くたびに、山が好きだなぁと思います。



ネパールで向かう予定のエベレスト街道も実はめっちゃ楽しみにしているわけなのです。えへへ。







くらた
だけど「岳」まだ読んだことないのは秘密だ!
Secret

TrackBackURL
→http://kuratomo03.blog47.fc2.com/tb.php/68-3f957430
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。