--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/13/2012    ラパスからの黙祷

珍しく、本当に珍しく、
昨日のことを書きます。

たまたまなんですが、

ラパス日本人会の主催する
震災ドキュメントの上映会に行ってきました。

ラパス日本人会



日本では一昨日でしたが、
南米は昨日が3.11だったんですね。

決して大きくはない会場で、

集まった日本人や、日系ボリビアーノと思われる人たちと黙祷を捧げました。


上映内容は
NHKの震災復興のドキュメントで
日本語とスペイン語混じりだったので、わかったのは半分くらい。



だけど、
当時の映像は

私の一年前の記憶を強く思い出させました。




その時の衝撃
それから、たったの一ヶ月だけれど、
東北へ行って感じたこと。



その報告をしていなかったなと思いまして(笑)





東北での一ヶ月で、

被災者の方々の役に立てるようなことが出来たかと言われたら

くやしいけれど
なんにも出来なかったな、という気がします。



具体的に何をしていたかというと、

100人以上いたボランティアの人のご飯作り

おとなりの避難所のおじいちゃんおばあちゃんと足湯をしたり、お茶をしたり

それから、ホタルの有名だった登米の町の
ホタル祭りの主催。(これがちょー大変だった!)

仮設住宅を回って、ニーズの洗い出しを兼ねた傾聴ボランティア。




時どきに合わせて、なんでもやってました。


なんでもしていた分、彼らの苦しみの、本当の核心の部分に触れることはとても難しかった。


むしろ、それを笑顔で包む強さや、ボランティアを気遣う優しさばかりに触れていた気がします。




それと

私が驚いたのは
自分の中の葛藤を消化するためにボランティアをしているひとの多さ


もちろん助けになりたい、役に立ちたいという気持ちはみんな共通しているのだけれど、

自分の居場所が欲しかったり

誰かに褒めてほしかったり

そんな(人として当たり前の)切実な葛藤をみんなが抱えていて、
24時間一緒にいる分、
それはとても隠しきれない葛藤で。

それがぶつかったり上手く合わさったり、色んな人間模様がありました。


ボランティアをしているひとも、やっぱり人を必要としていて、
助けているようでいて、助けられているんだなと思いました。



かくいう私も、
もとがちゃらんぽらんなもんだから、
荷の重い仕事でいっぱいいっぱいになったりして、

そんな時
ボランティア仲間や、それから、
避難所や仮設住宅のおじいちゃんおばあちゃんに助けてもらいました。


七夕の日、避難所のお母さんに
「あんたいつも頑張ってるんだから!」って言って浴衣を着せてもらったときの照れくさい感じ


「おっさんくさいぞー」とかっていいながら、いつだって気遣ってくれる仲間




ほんとどっちがボランティアされてるんだか分からないな、と思いながら、すごく嬉しかったのを覚えてます。






結局たくさんの人にお世話になってしまった一ヶ月だったな。



最後の日、
RQのブログにも記事を載せさせてもらったので、ご興味があれば。
http://www.rq-center.net/tome/11440





くらたともこ

仮設住宅を回る中で、それからボランティアをしている仲間たちの中で、
魅力的なひと達が本当にたくさんいたんだけれど、ちょっと書ききれないス…


ともあれ

地球の裏側にある小さな会場で、
こんなにも遠い場所から祈りを捧げているひとたちがいるということ

分かっていたつもりだったけれど、
目の前にすると、なんだかとても嬉しいことに思えました。

今も震災とたたかっている方々が、どうか笑顔の日々を過ごしていますように。
Secret

TrackBackURL
→http://kuratomo03.blog47.fc2.com/tb.php/163-9760c314
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。