--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コルカタといえば知る人ぞ知る

マザーハウスでのボランティア




たった半日だけど行ってまいりました。



死を待つ人、孤児、女性・弱者など
施設がいくつかあるんだけど

私たちはプレムダンという施設(障害者のいる施設)に行った。




まず一日の始めは洗濯から。

大量にある患者さんの服とかシーツとかを
みんなで流れ作業で
洗って絞って屋上に持ってって干して。



そのあとは患者さんにボディクリームを塗ってあげながらふれあい。



お昼どきになったら昼食の配膳と食後の食器洗い。



それで午前は終了です。





こういう現場を見るのは初めてだったから、
本当に刺激的で良い体験でした。




特に患者さんと直にふれあえたのがよかった。


笑顔で話しかければ
むこうも笑顔をくれたり
手をギュッと握ってくれたり
手にキスをくれたりする。


国が違っても、立場が違っても、人は人。


通じ合うことができるんだな、と。




マザーハウスで日本人シスターのお話を聞いた中で心に残った言葉。






「痛いと思うほどまで愛しなさい」



「小さなことに大きな愛を」






今でもこんなふうに多くの人に遺志を受け継がれてるマザーテレサは本当に偉大だと思う。


まったく差別なく万人に純粋な愛を与えられるって

そんな簡単にできることじゃないよね。




マザーは愛そのもの、という感じでした。





"LOVE ONE ANOTHER
AS I HAVE LOVED YOU"






マザーハウス
マザーのお墓















その日の夜、


前編で紹介したアナンチャイのレストランに食事に行くことに。




そこは

私たちみたいなみすぼらしい旅人は完全に浮くくらいの
高級ホテル、の中のレストラン。


私たち以外のお客さんは
(インド人なのに)スーツでパリッとキメた
お役人さんらしき人、のみ。





そこでアナンチャイが振る舞ってくれた日本食の数々は
見た目も繊細、味もパーフェクト!!


すし
寿司☆


茶そば
茶そば☆



パークホテルにて
皆で☆










会計を頼もうとしたときに


もう払っといたよ


とさらっと言うアナンチャイ。






ちょ、めっちゃクール・・・



いや、ダメです!
半分は払わせてください!

とお願いして払わせてもらいました。









食事のあともアナンチャイが家に招いてくれた。



お酒を飲みながら
日本の歌とタイの歌を順番に流して、
歌えや踊れやのパーティー♪♪


日本酒も飲ませてくれた。


サムライ



楽しかったなぁ!!










翌日、インドを出てタイのバンコク行きの飛行機に乗る予定だったくらりえ。

アナンチャイがタクシーを手配してくれて空港まで一緒に行ってくれた。




かっちゃんは残り2O日間インド一人旅をするためここでお別れ。









さて空港に着いたくらりえ、

チェックインしようとカウンターに向かうが













予約しておいたはずの
名前がない。












予約が取り消されてますよ、と。


















え?WHY?















どうやら

ネットで飛行機を予約してカード決済をした(つもりだった)んだけど
うまくいってなくてカード未決済だったみたい・・・






ひどく落ち込みながら空港の外に出ると、

アナンチャイがまだ待っててくれた。



のでこの日も彼の家に泊まらせてもらうことに。











改めてネットで翌日発で飛行機の予約をとる。


今度は大丈夫!










そして翌日
またアナンチャイが手配してくれたタクシーで空港に行き、
チェックインをしようとカウンターに行くが・・・
















受付クローズ























え?WHY???




















空港に着く時間が遅すぎて、
もう乗れないよと言われてしまった。


















・・・・・・























二度も飛行機を逃す。









あぁこのときの意気消沈ぶりといったら・・・。
















さすがにこの日は申し訳ないので宿をとって
泊まりました。








宿にいたありたさんに


あれ、出発したんじゃなかったっけ?


と驚かれつつ迎えられました。

















そして翌日















三度目の正直















ようやく無事
インドを脱出することができました☆













最後の最後でインドの呪いに苦しめられました・・・。







ま、自業自得なんだけどね。





りえ

でも最後にはやっはり
インド好きになってました。
Secret

TrackBackURL
→http://kuratomo03.blog47.fc2.com/tb.php/162-8369dfc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。