--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/12/2011    ポカラとスノウリ
たった2日間しかいなかったけど、

時間があったらもっともーっとずっといたかった





それくらい





よい!!!





ポカラ、最高にいいところだと思う。






サランコットという展望台に行き
ヒマラヤアンナプルナ連峰からあがる朝日を見る。

サランコット展望台より


サランコットの朝日
右側に見えるとがった山がマチャプチュレ 6993m(魚のしっぽという意味)
左側に見える連峰がアンナプルナ 8091m
この写真にはないけどこれより左側にマナスル 8163m が見えます。




山の名前なんか連ねても分からないって??






いやここは山大好きっことしては語らせて頂きたい!!





憧れのヒマラヤ8000m峰の山々が間近で見られるんだもの
興奮せずにはいられないわ!(どーん)






とにかく





とにかく




美しかった





ため息が出るほどに。















ポカラの市街もとっても雰囲気がいい。


レイクサイドにあるカフェで
眼前に広がる湖を眺めながら
美味しいご飯を食べてお茶を飲んでのんびり本を読む。

レイクサイドのカフェ

読書






あぁなんて幸せな時間だったのでしょう。




時間の流れがゆったりまったり・・・











湖沿いをてくてく歩いている

竹で作ったブランコではしゃぐ子供たちの姿。

ブランコ



わ~楽しそう~と思ってみていたら


あなたたちも乗っていいわよ


と言われたので






子供以上にはしゃいでしまった!!







その場にいた子供と仲良くなり

写真とりあいっこして戯れたり

写真で戯れ


僕の家にきなよと、
ほったて小屋みたいなおうちに招待されたり。

ほったて小屋

お母さん
優しそうなお母さんがお酒とおつまみを出してくれました。




ほろ酔いの帰り道




あぁなんていい街なんだろう




とほんわか幸せ気分になるのでした。












もう少しいたかったけど
ポカラから次の国インドに渡るため
国境の街スノウリに立ち寄る。







そこで声をかけてきた
サイクルリクシャの兄ちゃん。



安い宿に連れてってあげるからとなんだか親身。



うさんくさいなぁ
チップはやらんよ?



と思いつつついて行くと

まぁわりといい宿に連れてってくれた。







次の日もわざわざ宿の前まで迎えにきて

お昼にイミグレーションまで連れていく、と。





それまで彼の友達がやってる飯屋に連れてかれたと思いきや

ビールおごってくれたり

彼の姉妹のおうちにお邪魔して親しげに遊んじゃったりなんかして

クリシュナ家族







あ、なんだふつーにイイ奴だった!









日本人女性が好きで日本人と結婚したいという彼。












案の定









しっかり求婚されたけど












なんでやねん!







とつっこんで流しておきました。


りえ

私の顔はネパーリーに見えるらしく
「ネパーリー、ネパーリー」と呼ばれ続けていました。
「何?!」と日本語で返していたら今度は
「ナニー、ナニー」と呼ばれ続けるのでした。。。


Secret

TrackBackURL
→http://kuratomo03.blog47.fc2.com/tb.php/148-c6e24db1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。