--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなこんなで
日本から来てくれたかっちゃんを心配しながらも見送り、


あっと言う間に終わったインドの2週間。


入国前に聞いたキケンな噂たちは、
いくつかは私たちも真相を知らないけれど、
話のうちの7割は



マジでそうでした。




宿や町で会う旅人たちは

デリでのタクシー詐欺や、
駅員に扮装した詐欺、
だまされかけたひとも、被害に遭った人もたくさんいました。



かくゆう私たちも、
程度の差こそあれ、
何回も嘘をつかれ、だまされかけ、



始めの一週間で人間不信に陥り

すべてのインド人を憎むようになってました。(テヘ☆)



だけど、
色んなインド人と出会ううちに気がついたのは


商売根性まるだしのインド人と同じくらいの確率で(いや、それはいいすぎかも)、

心優しいインド人もいるということ。



電車に乗るとみんなして席を譲ってくれたり、
道を聞いたら、自分がわからないものだから、自ら他のインド人に聞いて回って教えてくれたり、(インド人でもこんないいひともいるんです!)


いいひとと悪いひとっていうのは、

当たり前だけど


見た目じゃわかんない。





私は

とにかく騙されまいと思って、

すべてのインド人に疑ってかかっていた。


だけど、



いいひとに出会ってしまうと、



なんだかそれは違うな、




と思ってしまうのだ。



だまされることを怖がっていると、誰も信用できなくて、

それは正直、ちょっとしんどい。



最低限の自己防衛をすることは、必要。

だけど、全てを疑ってかかるっていうこととは

少し、違うのかも。




そんな風にゆるく構えてみると、




(理不尽なことに)
急にインド人が可愛く見えてきてしまったりするんですよ。




ほんとに平気でうそつくんだけど、

「それウソじゃん」
って指摘すると、

「テヘ☆」

みたいに笑って見せたり(ひげのおじさんに照れ笑いをされてもちっともかわいくないんだけども)



こっちがあしらっていると、小学生の悪口みたいな怒り方をしたり。


慣れてきてしまうと(それが怖い)



憎めないのだ。




油断して騙されても
「くっそうやられたー!」
みたいな、
ゲームに負けた的な気持ちですんでしまう。







それから、
彼らのとっておきの魅力は



インドでは、自分がまるだしでいられるということ。



まるで格好つけないでも、ぜんぜん平気。


変な英語でまくし立てても恥ずかしくもなんともないし(弱気でいたらなめられちゃうからね!)



何か間違ったことを自分が言ってても、「テヘ☆」で済ませられちゃう。(だって向こうもそうだし)





それはたぶん、


こっちがどんな態度でも、

それこそ日本語でまくし立てても、



ちっともひるまないインド人のたくましさと

私達以上にまるだしな明るさを持ってるから



なのかな、




とか思ってしまう。



悔しいけれど、




大好きインド。






くらた

more open !?
スポンサーサイト
コルカタといえば知る人ぞ知る

マザーハウスでのボランティア




たった半日だけど行ってまいりました。



死を待つ人、孤児、女性・弱者など
施設がいくつかあるんだけど

私たちはプレムダンという施設(障害者のいる施設)に行った。




まず一日の始めは洗濯から。

大量にある患者さんの服とかシーツとかを
みんなで流れ作業で
洗って絞って屋上に持ってって干して。



そのあとは患者さんにボディクリームを塗ってあげながらふれあい。



お昼どきになったら昼食の配膳と食後の食器洗い。



それで午前は終了です。





こういう現場を見るのは初めてだったから、
本当に刺激的で良い体験でした。




特に患者さんと直にふれあえたのがよかった。


笑顔で話しかければ
むこうも笑顔をくれたり
手をギュッと握ってくれたり
手にキスをくれたりする。


国が違っても、立場が違っても、人は人。


通じ合うことができるんだな、と。




マザーハウスで日本人シスターのお話を聞いた中で心に残った言葉。






「痛いと思うほどまで愛しなさい」



「小さなことに大きな愛を」






今でもこんなふうに多くの人に遺志を受け継がれてるマザーテレサは本当に偉大だと思う。


まったく差別なく万人に純粋な愛を与えられるって

そんな簡単にできることじゃないよね。




マザーは愛そのもの、という感じでした。





"LOVE ONE ANOTHER
AS I HAVE LOVED YOU"






マザーハウス
マザーのお墓















その日の夜、


前編で紹介したアナンチャイのレストランに食事に行くことに。




そこは

私たちみたいなみすぼらしい旅人は完全に浮くくらいの
高級ホテル、の中のレストラン。


私たち以外のお客さんは
(インド人なのに)スーツでパリッとキメた
お役人さんらしき人、のみ。





そこでアナンチャイが振る舞ってくれた日本食の数々は
見た目も繊細、味もパーフェクト!!


すし
寿司☆


茶そば
茶そば☆



パークホテルにて
皆で☆










会計を頼もうとしたときに


もう払っといたよ


とさらっと言うアナンチャイ。






ちょ、めっちゃクール・・・



いや、ダメです!
半分は払わせてください!

とお願いして払わせてもらいました。









食事のあともアナンチャイが家に招いてくれた。



お酒を飲みながら
日本の歌とタイの歌を順番に流して、
歌えや踊れやのパーティー♪♪


日本酒も飲ませてくれた。


サムライ



楽しかったなぁ!!










翌日、インドを出てタイのバンコク行きの飛行機に乗る予定だったくらりえ。

アナンチャイがタクシーを手配してくれて空港まで一緒に行ってくれた。




かっちゃんは残り2O日間インド一人旅をするためここでお別れ。









さて空港に着いたくらりえ、

チェックインしようとカウンターに向かうが













予約しておいたはずの
名前がない。












予約が取り消されてますよ、と。


















え?WHY?















どうやら

ネットで飛行機を予約してカード決済をした(つもりだった)んだけど
うまくいってなくてカード未決済だったみたい・・・






ひどく落ち込みながら空港の外に出ると、

アナンチャイがまだ待っててくれた。



のでこの日も彼の家に泊まらせてもらうことに。











改めてネットで翌日発で飛行機の予約をとる。


今度は大丈夫!










そして翌日
またアナンチャイが手配してくれたタクシーで空港に行き、
チェックインをしようとカウンターに行くが・・・
















受付クローズ























え?WHY???




















空港に着く時間が遅すぎて、
もう乗れないよと言われてしまった。


















・・・・・・























二度も飛行機を逃す。









あぁこのときの意気消沈ぶりといったら・・・。
















さすがにこの日は申し訳ないので宿をとって
泊まりました。








宿にいたありたさんに


あれ、出発したんじゃなかったっけ?


と驚かれつつ迎えられました。

















そして翌日















三度目の正直















ようやく無事
インドを脱出することができました☆













最後の最後でインドの呪いに苦しめられました・・・。







ま、自業自得なんだけどね。





りえ

でも最後にはやっはり
インド好きになってました。
夜行電車でアーグラから約20時間、
コルカタに着いたのは朝3時


まだ外は真っ暗で、安宿街のサダルストリートまで行ったはいいけど、
どこも閉まっていて入れない。



仕方なく近くの公園に行って時間つぶし。



倉田とかっちゃんは地べたに寝てしまったので、
見張りと思って私は起きて朝日を見ながら日記を書いていた。



するとフットサルをしていた外人さんが近づいてきて

「こんなとこで寝てたら危ないよ。」

と話しかけてきた。



優しいインド人もいるもんだ
と思っていたけど、


いろいろおしゃべりしてると

どうやらその人はタイ人で
しかもホテルのレストランで日本食のシェフをしてるという。



公園を離れて、朝食を食べようと近くのマクドナルドに移動したら
そのタイ人も入ってきたので
そこでもおしゃべりして仲良くなった。


是非レストランに食べにおいでよ、
値段は高いんだけど・・・半額にしてあげるよ。
と言って名刺をくれた。


アナンチャイマックで

名前はアナンチャイといいます。






お昼に宿探し。


コルカタには旅人には有名な伝説の日本人宿があるのですが、

どうやらベッドに南京虫が住んでるという話。




そこで

バラナシで仲良くなった
ちゃるさんと再会したので
同じ宿に泊まることに。





夜は宿にいた人たちとうまいラッシー飲んでご飯食べに。


モダンロッジメンバ


そして宿で晩酌しつつ談笑。




そこで知り合ったコルカタ大臣
ありたさんと仲良くなり

昼間にコルカタ観光に連れてってもらうことに。





お昼ご飯に美味しいビリヤーニを食べて

ビリヤーニ



ニューマーケットを歩いて



ハウラー駅からフェリーに乗ってハウラー橋の景色を堪能して

ハウラー端



コルカタで2番目に人気のチャイ屋さんで美味しいチャイを飲んで

二番目においしいチャイ屋

チャイ



その場で絞ってくれる100パーセントオレンジジュースを飲んで

オレンジジュース



ココナッツを飲んで

ココナッツ
甘くなくて美味しくはなかった・・・





コルカタを満喫しました♪





倉田とかっちゃんは夜インド映画を見て楽しんでたみたい。















コルカタ観光でもうひとつ足を運んだのが



カーリー寺院



ここではヤギを生け贄にしていて

目の前で生きたヤギの首を
ズバッと切断するシーンが見られる。



血がブシュッと吹き出て
切断したあとも頭と胴体がひくひく動いていた・・・




グロすぎてショックうけます。





見守っていたインド人が列をつくってヤギの血をおでこにつけてもらっていた。

神聖なものなのかな。




そういう原始的なしきたりが信じられているインドは
どことなく神秘性が感じられる。




日本では考えられないことが多すぎて、
世界って広いなぁって思わされる。



そういうのが面白いんだよなぁ。


りえ

サダルストリートで何度も声をかけられたインド人のお母さんに
ヘナ(染料)で手の平に模様を書いてもらった。

ヘナ書き

ヘナ模様
幾何学模様

ヘナのおかあさんと


一ヶ月は消えないよと言われたけど
一週間ちょっとで消えてしまった件。
(ことわっておきますがこれは10月22日頃の出来事です)


電車に乗って
私たちの席に我がもの顔で座って

どこうとしないインド人をはねのけ




アーグラにむかう。



アーグラに到着して
次の目的地コルカタ行きの電車のチケットをとるのに苦戦したのと


早くもかっちゃんが体調不良でダウンしたので



安くてキレイで居心地のよい宿で
2、3日だらだらなにもしない日々を過ごす。




駅でチケットを買うときに
前に並んでたじゅんぺいと仲良くなり、

同じ宿に連れて行き
一緒に飲んだり語ったり。


アグラで宴会




アーグラ4日目にして
ようやく重い腰を持ち上げ




いざタージマハルへ!!


タージマハル



ムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンが
死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設したお墓
(wikipedia)





この完璧なまでの対称性

遠くから見ると絵みたいに浮き上がって見える



そして壁や内部の彫刻の繊細さ

繊細なタージ



こんなものがかのインドにあることが

信じられない





こりゃ美しい。幻想的。



見事でした。









ところで

タージマハルでのんびりしてるインド人にカメラをむけると

ものすごく喜んで写真に写ってくれます。


陽気なインド人2

仲良しインド人

嬉しそうに手を振ってさ

陽気なインド人



あとで私の周りに集まってきて



「さっきの写真見せて」


というので見せてあげたら




まるでテレビにでも映ってるかのようなはしゃぎっぷりで




「おぉ、これ俺だ、見て見て、写ってる写ってる」


「おまえほら、ここに写ってるよ、はっはっは」




みたいな感じで大喜び!





なんだかかわいいなぁインド人





さらにインド人の若者は

「写真撮っていい?」と

私たちと一緒に写真を撮りたがる。





入れ替わり立ち替わりでカメラを私たちにむける。





あれ、私たちアイドル?
いつのまにインドで有名人になったんだ?




と錯覚するほど。




まぁどうせ

「俺、日本人の友達がいるんだ」


なんてネタに使われるんだろうけど







なんかかわいげがあるから



許す







そんな観光名所
タージマハル


りえ

このへんからインド人ちょっと好きになってったんだろうなぁ。
02/21/2012    さすが首都、デリー
インドの首都デリーにやってきました。



これまで人から聞いたインドの話と
今まで行ったバラナシ、カジュラーホーからして





インドっつーのは




ゴミと牛とウンコで混沌としてて


貧しくて田舎くさいところ






だと思ってました。







そんな思い込みをくつがえされ
ショックを受けた首都デリー








インドはリクシャ、人力車しか走ってないのかと思いきや

リキシャとか



車、めっちゃ車!!バス!

車バス






や、当たり前じゃんとか思うかもしれないけど

当たり前のことが当たり前じゃないんだものインドは







それから
コンノートプレイスというところに行って散策したときの
驚嘆ぶりとテンションの上がりぶり!

コンノートプレイス




ハイビジョンテレビなどの電化製品

アルマーニ、ヴィトンなどのブランド品

スーツでパリっと決めたインド人

立ち並ぶ高層ビル









そして何より一番びっくりしたのは








マクドナルドの店内!!

マックの店内









なんの変哲もない店内だと思うでしょう。





でも先ほども申し上げた通り、

当たり前のことが当たり前じゃないインド。










この店の中の清潔ぶり!!!!








店の外は本当に地球全部をゴミ箱扱いしているくらい

ゴミゴミゴミゴミゴミ!!!






それからしたらこのマックの店内はまるで異世界。

日本にワープしてきたんじゃないかと錯覚を覚えるほどでした。












そんなデリーで私たちは
日本からやってくる友人と待ち合わせをしておりました。




以前、日本縦断の旅で沖縄についてきちゃった


かっちゃん








かっちゃんが日本を発つ前に充分に連絡が取れなかったこともあり

すれちがう私たち。






深夜1時にデリーに着くかっちゃんを、
私たちが泊まってた宿に送迎を頼んで
空港に迎えに行き、

そう大きくない空港を一時間探し回るが





見つからず。






きっとアライバルゲート内で夜を明かすことにしたんだと思い、
朝6時にもう一度空港まで車を走らせ

小一時間探し回るも






やっぱり見つからず。






もう合流する手だてがなく
宿でかっちゃんからメールが来るのを待つ。






あぁインド人にだまされてどこかに監禁されてるんじゃないか

遠いところに連れてかれたんじゃないか





そんな不安が増す一方で

かっちゃんはかっちゃんで一人、初インドで様々な苦境と困難を切り抜け

無事私たちの待つ宿にたどりつき

合流を果たしたのです。






いやほんとよかったよぉ
めっちゃ心配したよぉ







ということでインド3人旅が始まります☆





デリー観光





りえ

インドに一人で旅したことある人を尊敬するわ・・・とつぶやいてたかっちゃん

初日でそれほど大変な思いを経験したのでしょう

おつかれさま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。