--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




公園で野宿をした夜、

綺麗な星空を見つけると








今も思い出します。





波照間の夜に見た南十字星と








初対面の飲み会で



コールして飲まされた挙句





なんの前触れなく服を脱ぎだした君を。




女の子三人いるのに








パンツまで脱いだ君を。






覚えていらっしゃるでしょうか、
旅のはじめについてきちゃったこのひと。
波照間島で一緒に星空を見た



ゆうすけです。


4月17日の日記でご紹介した彼ですが、やべっ続き書くの忘れてた!と思って彼がどんな人だったかだけ、ご紹介しておきます。)





この

ノリで生きている





へんた裸男と




3月28日の日記で被災地へ駆けつけた男は同じひとです。







船をヒッチハイクして


超冷たくあしらわれながらも
一日マジで港を回ったり(そして失敗して飛行機で石垣島へきたり)
7 船をヒッチハイク(失敗)






なんか最初の3日くらい

このひと寝てるっていうより意識混濁してる?っていうレベルの風邪にかかってたり



(重症)

おまーほんとに何で来たんだ




砂糖にゴマかと思うほどアリが埋まっていて
ほとんどのお皿に何か黒いものがこびりついているこのキッチンで



お料理中

(後日私たちが大掃除しました。やりがいありすぎやろ)





かおまけパスタ

プロ顔負けのパスタを作ったり





この綺麗で広大な海で

堤防の先[2]







食べ物を狩ることに異常に意欲を燃やしたり


kawahagi.jpg  sazae.jpg

(コレが都会っ子であるくらたにはかなりの衝撃でした。ナマコとか素手でさわんなよ!泣)




した男の子


みんな同じ



ゆうすけくん。






そんな





ゆうすけくんの一番いいところは






盛り上げ上手なところでも
気遣い屋さんなところでも
なんにでも超本気なところでも
なんかぼっけー頭いいらしいところでも





なく




目の前に差し出されれば


どん

なに

濃い酒でも




致死量飲む ところです。


以上






くらた
友情と感謝をこめて。
スポンサーサイト
さて、帰宅中に懸命に日記を書きましたが、


おっつかない・・・(泣)



とりあえず沖縄本島に戻ってきたところから


どぞ!!




4月21日
かっちゃんと港付近でお別れをし、
彼はその日の飛行機で東京へ(ようやく)帰宅。


くらりえは18時を過ぎてからヒッチハイクを開始し、
那覇から今帰仁の方にむかうことに。(順調に行っても2時間くらい・・・)



その日に行きたいところがあったのです。


東京にいる大好きな友達が以前スタッフとして働いていたというキャンプ村


Beach Rock Village[ビーチロックビレッジ]





高橋歩を知っていますか??

旅人の間では有名も有名、
自由人のバイブルとなっている人といっても過言ではない。


その高橋歩が設立した自給自足のネイチャービレッジ。



話聞いててもすっごく楽しそうなところで、
絶対泊まってみたいって思った。




ということで夜になっちゃうけどヒッチ開始!!




1台目に乗せて下さったのは
学校で社会の先生をやってるというお兄さん。

旅にとても興味を持ってくれました。

久米島で一人旅をしていたら
宿の人に自殺願望者と間違われて宿泊拒否されたという武勇伝あり。笑

あげださん





2台目はバンドのボーカルをやってるというちょーイケてるおじさん!
いわゆるチョイ悪オヤジの風格をもっていて
ダンディーでめっちゃかっこよい☆

自身が歌ってる曲のCDを聞かせてもらいましたが、
めちゃキレイな声でした・・・☆

金城さん


今から今帰仁!!?
絶対ムリだよ!!無謀だ!!

とビックリされましたが、そのあとも安否を気にしてくださるとても優しい方でした。





そして3台目は営業マン、通称らーにょ。

らーにょ


この人、人生経験がとても豊富でとにかく熱い!!

火傷するんじゃないかと思ったほど熱い!!!


久しぶりにこんな人に会った・・・!


トークのひとつひとつに惹きこまれていく感じ。


「君たちはいい子だから話せる」

と言って自分の過去のつらい経験とかを
さらっと話してしまう。
だけどそれを経験したからこそ精神的に強い人間ができてるんだなぁと思えて
すごく尊敬した。


私この人と一晩飲み交わしたら
たぶん他の人には言えないような人生相談できる!と思った。


彼女さんをものっすごく大事にしていて、それもまた尊敬しました☆





らーにょは途中の名護までのはずでしたが、
ビーチロックビレッジの場所を知っていて、
そこまで連れてってくれました。



ビーチロックビレッジ、
とんでもなく山奥にあるんだね・・・
カーナビにも写らないし、地元の人もあまり存在を知らない。



そんなところなので
らーにょに出逢わなかったら今日中に辿り着くことは不可能だったであろう。



電気ひとつない真っ暗なウネウネ山道を走るも
なかなか着かない・・・

「大丈夫、俺を信じなって」

といって


このあと友達と会う約束をしているにも関わらず
しっかり目的地まで連れていってくれました。




今から行くのは絶対無理だ!と言われた場所に
予定よりも全然早く着いてやったぜ!!



なんだろうね、
大変だ~とか、無理だろーって思われることを
最後まで諦めずにやってやろうって思うとさ、
奇跡に近い巡り合わせに出逢うことって、
よくある。



こういうときに発動する

引き寄せのパワーって

本当にあるんだなぁって


改めて思ったよね。







っていうことで
ビーチロックビレッジ到着~~!!



もうすでに真っ暗でまわりよく見えなかったけど、

場所も人もものすご~~くステキ☆☆
なところでした!!


真夜中までやってるというバーに行くと
スタッフの人も含め何人の人が楽しそうに飲んでいた。

ゲル風バー
ゲル風のおしゃれバー


こういうところだから、
訪ねる人もスタッフの人も旅人が多くて、
なんか自由な空気を醸し出していて居心地がよかった☆


深夜3時頃まで宴会をしちゃいました♪♪

BRVバーにて
変顔してもらった。笑



あーあ、もっと長くいられたら良かった!!!










4月22日
さていよいよ沖縄を脱出し、
本州上陸です!!

船に乗って鹿児島へ向かおうというその日に




な、なんとハプニングが・・・!!!


りえ

続くーー!!
05/16/2011    西京焼き軍団
2件の友人の結婚式を終え、
明日から日本縦断の旅第二弾を控えております、りえです。



関東に戻ってきて、友達とたくさん遊びました。

その中でももちろん
沖縄を一緒に旅した

かっちゃん
ゆーすけ

とも再会しました。


それだけでなく
竹富島のゲストハウスで仲良くなった女の子

さんぴん(通称)

とも再会をしました。



さんぴんは那覇を旅している間、かっちゃんと出逢い、
竹富に渡ってから、かっちゃんに紹介されくらりえゆーすけに出逢いました。


元気ハツラツでムードメーカー的存在、
かわゆくて皆から愛されそうな

そんな女の子です。




そのさんぴんから再会の折に
旅の想い出としてプレゼントを頂きました☆









これです。
手作りTシャツ☆

西京焼き軍団 うしろ

竹富の勇者になりたくて 前







この一見意味不明な言葉の由来をおしえてくれました。



竹富のゲストハウスに泊まっていたメンバーの一人が着ていた


「最強野球軍団」というTシャツを


他のメンバーが


「西京焼き軍団?!」


と聞き間違える。



またその子の竹富島に来た理由


「竹富の牛車に乗りたくて!」


さんぴんが


「竹富の勇者になりたくて?!」


と聞き間違える。





そんな出来事から
西京焼き軍団Tシャツ作ったらおもしろくない!?ってノリになり、
マジで作ってもらっちゃいました!!


さんぴんマジすごいありがとう~~~☆☆


なんか仲間って感じでめちゃくちゃ嬉しい(>▽<)
こっちで再会できてホントよかった☆

withさんぴん


くらりえかっちゃんゆーすけ
沖縄以来の再会

東京で再会



ということで

旅での出逢いがどれだけステキかっていう


ね。


本当にありがとう!!!!!


りえ

元々のHP(まだ見てない方はクリック!)
↓↓
http://showyoujinsei.web.fc2.com/

お久しぶりです!

りえぞうが頑張ってくれて、
ついに沖縄本島へ上陸することが出来たくらりえの旅ですが、





ちっとだけ





時間を戻してもよろしいでしょうか?





驚くなかれ




くらたの日記はなんと



まだ波照間なのです。(2日目)




波照間で出会った二人のお兄さんと、気のいい仲間のことだけ、

感謝をこめて書いておきます。


どうぞ↓↓





ゆうきとよっさんとの出会いは、

宿を借りたプレハブ小屋から歩いて2分

小さな商店の前でした。




その日の夕方、
くらりえゆうすけは、

自転車二台を借りて、一台は二人乗りをして、夕陽を見に行くところでした。



二人こぎ
(良い子はまねしちゃいけないよ!)




ビールを買い込んで、


商店の前で走り出そうとしたゆうすけに

店先から声がかかりました。







「ほっせー体だなぁ!大丈夫かあ?」






もっと違う言い方をしていたと思うけれど、意味はそういう感じで、
多分、体が細い悠介が二人乗りの前をこいでいたから、
そうやって声をかけたんですね。







その言葉の内容に反して、その言い方は全然いやな感じじゃなくて



それは
いかにもガテンの兄さんらしい声のかけ方で、



それがまあ、


妙に波照間って場所に合っていて、



その声は、沖縄独特の響きで。







その二人組のお兄さんが

ゆうきとよっさん。




私たちが二人に夕陽の見える浜まで行くんです、という話をして、
道を聞いて自転車をこぎ始めた後

しばらくしてから追いついてきた車の中から



「先行ってるぞー!」


といって去ってった、




その姿






SAWAYAKA!!!!






追いついた先の浜で仲良くなり、その夜は星のきれいな場所で一緒にお酒を飲みました。








後からわかったことだけれど
ゆうきは私たちとおんなじプレハブに寝泊りしていて、
命を救ってもらったり、(笑)サザエを食べさせてもらったり、貝の食べ方を教えてもらったり、沢山のことを教えてもらいました。(りえぞう日記参照)



ゆうきは、すんごくいい釣り道具と、本当に大事なものだけを小さな部屋に持ち込んで、海とともに生きていました。


海の話をするとき、目がきらっきらするんですよね。
子どもみたいに。

そいで、生き方に迷いがないの。

ゆうきは同じ26歳だったと思うんだけど、海のない街で育った私は、同じ26年でも、こんなに違う生き方をしている人がいるんだな、ってことに今更思い至ったりした。



よっさんは私たちよりも先輩で、大人。


よっさんはゆうきとおなじ中学校?で昔からの仲間。
やっぱり島育ちのあったかいひとでした。

お酒を飲んだ夜、酔っ払ったゆうすけがよっさんに人生相談を始めて、言いたいこといってぶっ倒れたんですけど、
酔っ払って寝てるゆうすけを見ながら

「こいつはいいやつだ、俺好きだよ」

って言ってました。
やったねゆうすけ。



二人をきっかけに、プレハブ小屋に住んでるほかの現場の方たちとも仲良くなって、いろんな話を聞かせてもらいました。さとうきび畑の手伝いをしているイケメンのおにいさんや、腰が痛いんだ、といいながらニコニコ草取りしてるおばあちゃんとも会いました。







書きたいこと多すぎます。




えっと




とりあえず以上!






くらた
いい加減でごめん☆
ほらほら、キレイな海見せるから許して!

umi.jpg



05/13/2011    久米島三人旅だぜぃ
ということで
かっちゃんと感動の再会を果たし久米島に向かう三人は





相変わらず船酔いでダウン。笑





到着後島めぐりの計画を立て
とりあえずむかうはホタル館


地元の女子高生たちに道を聞きつつ
数キロ歩いてやっと辿り着くも



閉まってる・・・・?



いや、ただの留守中みたいだから
電話して呼び出してみた。


わざわざ私たちのために戻ってきてくれたホタル館のお母さんは

それはそれはもう面倒見のよい優しい方で

寝床を決めてないと話をしたら


「公民館に泊まるのがいいんじゃない?」と


役場に連絡をしてくれました。


島では公民館で宿泊できるそうなのです!!
500円で広くてキッチンもついててなんとも快適な寝床なのです。

公民館




待ち時間に天ぷらごちそうしてくれたり
おやつに握りこぶし2つ分くらいの大きさのサーターアンダギーを持たせてくれたり
公民館に車で送り迎えしてくれたりと


至れり尽くせりでお世話してくださいました。

ホタル館




寝床が確保できたところで
とりあえず海へーー!!



うん、案の定水すげー冷たかった。


だって今日寒いもん。


海からあがってとにかく寒いから早く服着ようって言ったのに
このタイミングでサーターアンダギーを食す。


そう、こぶし2個分のサーターアンダギーは


それはもう口の中の水分すべて吸い取られて


かなり時間をかけて

モソモソモソモソモソモソモソモソモソ・・・・・



誰だ今サーターアンダギー出したやつは(泣)


もそもその実






きれいな夕日を見て
寝床となる公民館まで地元のおじいちゃんをヒッチハイクして連れていってもらいました。



公民館に着くと
数人のお母さんたちが地元民謡の練習をしていました。


東北震災被災地の応援のためのイベントが近々あるみたいで、
その出し物で踊るとのこと。


「若い子が見てるから緊張しちゃうわ~」


とハニカミながら踊るお母さんたちを、
カップラーメンを食べながら見守っていると



今日のご飯それだけ!?
あらじゃあお酒のつまみでも持って来てあげるわよ!


と差し入れを持ってきて下さいました☆

差し入れ


公民館で宴会!!

公民館飲み


途中めたくそに酔っ払った地元のおじさんが
乱入してくるというハプニング
がありましたが


3人で夜中まで飲みはしゃぎました☆




4月21日


久米島観光~~!!!

というより逍遙☆(ぶらぶら練り歩くことだね)



おばけ坂

おばけ坂



久米島では有名な心霊スポット




というわけではなく、


下り坂に見えるのに
そこで空き缶を転がしてみると逆方向にのぼってくる
実は上り坂なのだ!!


っていうやつ、テレビで見たことありませんか??


それです。


タイヤ転がしたりスプレー缶転がしてみたり
いろいろ検証してみた結果・・・・





よくわからん。笑




結局煮え切らないまま帰りましたが、
あとでネットで調べてみたところ
あの奥にもっと急な坂になってるとこがあったらしい・・・!!






それに気付かずさらに逍遙し、海の方に出てみる。
城跡もあってキレイな景色でした。

久米島風景



あっと言う間に船の時間がせまってきたのでやはり帰りはヒッチハイク!!

東京荻窪から来ているというご夫婦と
地元物産公社の車に乗っていたお兄さんに
港まで乗せてってもらいました☆









ということで


かっちゃんとの旅は


ほんとにあっというまに終わってしまったけど、



でも一緒に旅できてよかった☆☆




ありがとうーーーーーーー!!!!

かっちゃんお別れ




りえ

あいつってば
帰りの船で爆睡してるくらりえに

こっそりメッセージ残してやんの。


あとで見て嬉しくなっちゃった☆

メッセージfromかっちゃん
more open !?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。