--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おっと、くらたさんが逍遙について語っていた。

実は私も、逍遙の後輩と山に行って、ちょっと逍遙の魅力について語りたいと思っていたとこなのだ。

明日からまた夜行で山に行くからパッキングしなきゃいけないというのに
書きたい衝動をおさえきれず・・・




つい先日後輩と3人で山に行った。

壮大な景色の中を歩きながら、逍遙について話した。

逍遙に入ったきっかけとか、合宿の思い出話とか、逍遙人についてとか。


卒業して、社会人になって、数年たつけれど、


あのときの想いはまったく色褪せない。不思議なくらいに。




一通り思い出話を語ったあとの3人の中での結論。



あれ以上にすごいことはやれない



あれ以上に楽しいことはできない



そう思うほど、究極に、最上級に、楽しい時間だった。


逍遙で過ごしたあの4年間よりも楽しい時間?




考えられません。




毎日が、



一瞬一瞬が、



本当に宝箱の中のような



夢のような時間でした。



おおげさかもしれないけど



私はそれほどまでに想っています。



気持ち悪いくらいでしょう?




逍遙に染まると
変わっちゃう人多いよねー

て話もした。

もちろんいい方向にね。


かくいう私も、自分で自分が劇的に変わったなぁって思う。


性格とか、考え方とか、人生とか、いろいろ。



人の心は

人でしか動かせない。


って聞いたことあるけど、


逍遙人は人を変えるだけの何かがある。


そう思う。




やっぱり逍遙めちゃくちゃ楽しい☆

って同じように後輩も思っていることが嬉しい。


その魅力がちゃんと伝わっている訳だし、

今も、これからも、ずーっと伝わっていくに違いないから。




そんなことをもんもんと考えてた山の帰り。




ほんわか幸せになりました。




さ、明日からの逍遙メンバーとの山では

どんなことを語ろうかな。


語りたいときに笑いはいらないでしょ
りえ
スポンサーサイト
CIMG8000_convert_20100815231452.jpg

最近天気がいい日が続いてます。
今朝も地元は快晴。

私は晴れた空が好きだ。
それも雲ひとつない真っ青に透き通った快晴の空が。
そんな日は出歩くとずーっと空を見上げてる。
晴れてるってだけでなんだかときめいちゃう。


都会の現代社会に疲れている人たちは、一日に一度も空を見ずに地面ばかり見て歩く人が多いのだという。
今日は晴れてたのか曇っていたのか、それすら分からない人が多いとか。

びっくりした。

そんなにみんな空見てないんですか?

忙しいとか

余裕がないとか

考え事してるとか

そんないいわけ並べて
下ばかり向いて歩いていても楽しくなくない?

私なんて晴れた空みるだけでわくわくしちゃうのに。

もっと上向いて歩こうよ。

けつまづいたっていいじゃん。

私なんて
車に轢かれそうになったけど。
(まじあせった)


青い広い空見上げてると

心がからっぽになって

なんか空にすーーって吸い込まれていきそうになる。

その感覚がなんか幸せ。



ちなみに私は星空も大大大好き☆
晴れた満天の星空はたぶん数時間見てても飽きない。

夜駅から自宅までチャリで帰るとき星がキレイだと(地元は田舎だから星キレイ)

ほとんど前を見ていない。

ずっと空を見ながらチャリこいでるので

危ないことこの上ない。
車道の真ん中走ってたりする。


でもいいの。


空見てるだけでこんな幸せになれるんだもん☆☆


(りえ)

お気に入りの曲をかけて、真夜中にサイクリングをする


夜の空気と
耳の横を風が抜ける音

どこにでもいけそうな気分

この気持ちよさを上手く表現できないけれど



生きてるーーーーー って思う。


生きてることを
幸せだっておもう。















え?いま?

えとね、
3時半









(くらた)

寝なよ って思った方はご指導お願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

08/23/2009    逍遙人生とは
CIMG6737.jpg



りえです。
2人で更新してるので話の脈絡がばらばらになってしまう、それもまたよし。

さて、いまさらですがタイトルコールいきましょう!
せーの、


しょーよーじんせい!!!


わ~ぱちぱち。


【逍遙(逍遥)-しょうよう】(名)
気ままにぶらぶら歩くこと。そぞろ歩き。


人生は旅のようなもの、自由気ままに楽しく生きようぜ!
っていうコンセプトの生き方をいう。

が、単にそれだけじゃあない。


「逍遥会」
くらりえが大学時代所属していたサークル名。
活動は主に(ゆるめの)登山、旅、そして飲み。

このサークルはただものじゃない。
私がこのサークルに入って価値観や生き方が変わったことはいうまでもない。


山では雄大な大自然を目の前に、自分がちっぽけに感じ、今まで見たこともない神秘的な景色に心奪われ、
そして隣には必ず大好きな仲間がいる。

言葉でいわなくても、誰しもがおんなじ気持ちになる、
まさに時間と心の共有。

朝起きても隣に仲間、同じ釜の飯を食べ、夜にはテントで語り合い、たくさんしゃべってたくさん笑って、寝るときも隣に仲間。
24時間一週間ずーっと一緒だ。
まさに家族同然。

旅は北海道、九州、四国を文字通りそぞろ歩き。
自分たちで計画する貧乏旅。
飛行機?いやいやフェリーで、ホテル?いやいやテントでしょう!
広くゆるーい気持ちで大好きな仲間たちと旅すりゃ、幸せを感じずにはいられない。

そして何よりこのサークルの一番の魅力は
だ。

月並みな言い方になるけど、
すっごく温かくて、
いやほんとおまえらバカじゃないの!?て思うくらいみんな優しくて、
腹がよじれて笑い死にってほんとにありえるかもってくらい楽しくて、
あんまりにも居心地がよすぎる場所。
今までに出会ったことのない世界。

私はこのサークルは宇宙一最強のサークルだと自慢できるし、
ここに居たことができて誇りに思う。

もともと激しく人見知りだった私だけど、
こんなにも優しくこんなにも楽しく
一緒にいて幸せになれる人たちと出会えて、
あぁ、いい人と出会って関わってくってこんなに幸せなことなんだぁって
気づかせてくれたから、

だから
私はたくさん旅をしてたくさんの人たちと出会いたい
って思うようになった。


ある後輩が言っていたけど、
大学を卒業して逍遥を卒業しても
一生逍遥だって。

逍遥としての生き方が染みついてしまったから、
そして仲間たちは変わらず一生仲間だから、
だから寂しくないって。


そう、これからもあのときと同じように
まだまだたっくさーん青春して、たっくさん笑って楽しんで、
死ぬほど幸せ感じたい!!


っていう人生。

悪くないでしょ?

Let's show you


(りえ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。