--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くらりえの友達が本を出したということは、
前回の倉田の日記でご紹介しました。




「旅ニ生キル」
小林嶺司

P4291122.jpg



彼がハタチのときに、といっても2010年から2011年ときに世界一周をしたときのことを綴った本だ。

今日び世界一周してる人はごまんといる。
海外を旅してるとたくさんの世界一周旅行者に出会うし、
私の周りでは次々友達が世界一周に旅立って行く。



だから例えばくらりえが世界一周することに対して、

すごいね!本でも出しちゃえば?!

なんて言ってくれる人もいるけど、
こんな普通の旅行記を書いたってなにもすごいことなんてありゃしない。


だからこんな身近な人が本当に本を出しちゃうなんて、びっくり!!
すごく興奮しちゃった。

同じ世界一周経験者(の先輩)として、友達として、
なんだか自分のことのように誇らしい気持ちになりました。




難しいことは書いてない、大学生の男子が等身大で飾らない言葉で、起こった出来事、感じた想いを書き綴ってる。


世界一周して一番大変だった出来事は?って聞いたときに直接話してくれた「世界最強の悪路」のこととか、
一度はやってみたい「ぼったくりインド人をぼったくれ」話とか、

超おかしくて笑っちゃった。



海外のいろんな国を旅して、感じることってたっくさんあるよね。



あぁ、私もおんなじこと想ってた。


っていうことがたくさんあって、ほとんど代弁してくれてるなって思った。


是非読んでみてほしいな。








さて本を読んで一番感じたこと。





それは「感謝」について。






ありがとうって惜しみなく心の底から言える人ってステキだなって思う。


人に、物事に、すべてのことに感謝できるのは、
謙虚な気持ちをもってないとできないから。


当たり前のことを当たり前って思わないで、
すべてのことを、字のごとく「有り難く」思う。



これができる人って、きっと小さなことにも幸せを感じられる人だって思う。



そんな人が私は大好きだし、私もそうでありたいと思う。



でもありがとうってたくさんの人にいうってことは、
その分人からやさしさをもらってるってこと。

日本でも、海外でも、旅してて本当にたくさんのたくさんの人から親切にしてもらった。

見ず知らずの旅人に、なんで??って思うほど、人は親切にしてくれる。




「親切」っていうのは、なんの見返りも求めずに人のために何かをすることなんだろうけど。


そんな親切を素直にもらって、すっごく嬉しいってことをとびっきりの笑顔で表現すれば、
きっと相手も嬉しい、そんなふうに思ってるけど。





だけど、そんな親切にこそ、めいっぱいの感謝をしたい、恩返ししたいって思っちゃう。



人の心ってほんとにそういうふうにできてるのかもね。




そう、その恩返しをする相手が、必ずしも親切にしてくれた本人でなくてもいい。
他の誰かに自分も同じことをすればいい。





もらう人から与える人へ。
これからの目標かな。














それから、当たり前のことを「有り難く」思うこと。




私は年に一回のお参り、初詣で、毎年必ず同じことをお願いするの。




「自分と自分の家族、大好きな友達、自分の周りの人たちが、
今年も元気に健康に何事もなく過ごせますように。」





特別なお願いはしない。


いつも通り、今までどおりでいい。
それだけでいい。




ううん、それだけは、と思う。






自分の大事な人たちが、
今までどおり元気でいてくれることは
「当たり前」ではないから。





だから私が帰国したら、
また大好きな人たちの元気な笑顔を見せてほしい。


その笑顔が溢れてる環境が、日本が
どれだけ「有り難い」か。



しばらく日本を離れて、改めて感じた。







夢であった世界一周が終わって日本に帰ったら、
楽しみがなくなってつまらなくなるんじゃないかって、
出発前は思ってた。





だけど、今はちがう。






日本に帰るのが楽しみ。






当たり前のように過ごせて、当たり前のように友達に会えるのが、
幸せなんだって気づいたから。










れいじの本にもそんなことが書いてあった。
涙出るくらい共感した。










すべてのことに


ありがとう。



りえ
スポンサーサイト

2ヶ月弱の日本縦断二人旅を終えて


今現在、りえは一人北海道へ。
くらたは宮城へ被災地支援に行っています。






まぁ結論から先に申し上げますと、





二人旅死ぬほど楽しかった!!!!!






一人で旅するよりも



楽しいことは二人分
悲しいことは半分
ってよくいうけど、



実にそのとおり。






なんだろ、二人ではしゃいでるほうが当然楽しいし、
つらいとか悲しい(ってことはあんまりなかったけど)ことも
二人で「こりゃつらいなー」とかって言ってると
逆にそれさえも楽しめちゃう。



一人よりも二人のほうが100倍楽しいし
一人よりも二人のほうが100倍勇気が出るし
一人よりも二人のほうが100倍自分らしさが出る



気がします。




二人で旅してたときの
出来事とか、出逢った人とか、笑い合ったネタとか、


周りの人には申し訳ないくらいに
二人にしか分からない内輪話で盛り上がるのが


ものっっすごく楽しいんだ。


二人だけの宝物な気がして。











そんな私の相棒は、


うっかりさんなところが多くて

気分屋の私はたま~にイラッとすることもあるけどさ、




でも
きっと第一印象からして魅力的で
深く関わって深く知っていけばいくほど
もっともっと魅力的で




なんかもうこいつには勝てねえよ


って嫉妬しちゃうほど


秀(ひい)でてるところが多すぎます。






文字では全部は書ききれないけど、


あえてひとつ挙げるとするならば、




人へのやさしさ、気遣いが完璧なこと。
人をよく見てること。

(あ、もうふたつ書いちゃった)



分け隔てなくいろんな人と関わろうとするし、
一日会ってしゃべっただけでもうその人のいいところを3つくらいは言える。(気がする)




そんで困ってる人に対して何かしてあげたいっていう気持ちにかげりがない。

偽善心なんじゃない?とか言葉にするのも恥ずかしくなるくらい
きっと根底からそういうふうに思えちゃう

マザーテレサみたいな人なんだと思う。




少なくとも私にはそう見えます。







そんなくらたさん、
宮城の被災地に駆けつけて
きっと今日もたくさんの人に笑顔を分け与えているのでしょう。




宮城で過ごすハッピーバースデーは
笑顔でいれてるかな?




誕生日おめでとう!!


りえ

まだあと一年はくらたを独り占めできるぞう!(^^)
(どんだけ)
02/06/2011    友達と家族
友達と家族


たぶん誰にとっても

愛したい愛されたい と

本能的に思う。


この人達なしでは生きられないから。



だからいつもいつも一緒にいてしあわせー とか
大好きだなぁ とか

思って生きてる。







長期の旅に出ると決めて、
出発が近づくにつれて、



たった一年ちょっとなんだけど、

別に永遠の別れってわけじゃないんだけど、


それでもこんなに長い間
いつもの仲間や家族と離れるのは初めてだから、


なんか今のうちにたくさん会っておきたいと
いつもより思うようになった。




だから数年間会わなかった

中学の仲間や高校の仲良しや大学卒業以来会ってない人たちにも

積極的に会おうって声かけるようになった。







あと家族とも一緒にいる時間がすごく多くなった。
実家暮らしだから毎日会ってるけども、

私が仕事から帰る時間が少し早くなったからかもしれないけど、


ほぼ毎日家族4人で食卓を囲んでる。


正月には、4人そろって家族旅行にも行った。
南房総の旅館にのんびりドライブに行っただけなんだけど、

全員で旅行なんて
子供が大きくなってからは家族で旅行なんて行く機会あんまりなかったから


十数年ぶりなのでは、と。




最近は親子の愛情の話とかにめっぽう弱い。

くらたと旅をするって告白したときにも思ったけど、


家族の愛って


はんぱねぇーーー!!



って実感したから。






そんな感じで、日本をしばらく離れても寂しくないように
今のうちにたくさん皆の愛情を感じたい訳です!





もちろんこれからの新しい出逢いに想いを馳せると



もっとわくわくして



これからの人生も楽しみだなぁぁぁぁぁ って



思うけど!!




そんなことを考えていた今日この頃なのでありました。

りえ
先日、大学の仲間たちが

くらりえ合同誕生日会

を開いてくれました。

6月生まれのくらたと7月生まれのりえには
その間をとった日にちでいつも合同誕生日会を開いてくれます。


大学の仲間たちとは出逢って8年目(!)になりますが、


毎年毎年誕生日を盛大に祝ってくれます。


今でも変わらずこんなふうに皆集まって祝ってくれることが


ほんとに


ほんとうに



嬉しい。



ありがとう!!!!!!





飲み会のあと、くらた家に直行し、真夜中眠い目こすりながら
旅ミーティングした。


思えば、一年前のくらりえ誕生日会の日に


一緒に世界一周しよう!!


ということが決まった。

嬉しくて泣いた覚えがある。
最高のプレゼントだった。


あれからちょうど一年が経ったんだなぁ。


早いな。


きっとあっという間に出発の日がきちゃうんだろうな。


出発まで長いようで短い一年




でもきっと



わくわくで一番楽しい



一年☆


(りえ)
06/27/2010    今日から30円引です
そうなんです。
誕生日なんですよ。


りえぞうありがとうっっ!!!!!
生まれてラッキーだったね!!!!!!



ついにアラサーですか?まだですか?


くらたねーさん、今日からアラサー割引でお買い得になりました。

来年は多分、ワゴンセールが行なわれます。



そんな





そんな



記念すべき
生誕から四半世紀と1年目の日。



くらたが何をしてたかって言うと




当直でした。


(toutyoku【とう‐ちょく】昼夜間の泊りがけ勤務のこと。仮眠・休憩時間を含め、24時間もしくは31時間半勤務。法律家の陰謀大人の事情で土日当直の代休はない。)



うんでも、当直って順番でまわってくるから、仕方ないよね。



「誕生日だから当直ずらしてください!」
なんていってたら、職員全員の誕生日を係長が把握しているというハートフルな事態になりかねません。

だから、昨日はちゃんと仕事しました。


去年の誕生日ですか??





当直してました。




まあしょうがないよね。
「誕生日だから当直ずらしてください!」
なんて入ったら以下略


…えっ?おととし??



当直してま以下略





ついでに言うと
おととしはなんとクリスマスも年越しもバレンタインも





Toutyokuしてました。

英語で書くとなんだか楽しそうだネ!





ほんとにね、
当直って順番で回ってくるからそんな恣意的なもんじゃない(と思う)んですけども



後輩に
「誕生日くらい気利かせてくれないんすか?」
と聞かれて、

なんかむしろ

「逆に気を使ってくれてるんじゃない??」

と答えました。


いいよ、誕生日だからって無理して予定入れなくても。仕事なんだから。(微笑)」


的な


ね。





ハートフルな係長です。

(くらた)
いろんなひとにどうもありがとう!!!!!!

そんなハートフルなお話に心が温まった方はどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。