--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事はブロとものみ閲覧できます
この記事はブロとものみ閲覧できます

夏休み一人旅と、くらたが人生で一番はしゃぎ倒してたときのおはなし。


今回の旅はヒッチメインというより、
卒業してからちりぢりになっていた逍遙人をめぐる、

逍遙北方巡り

の様相を呈しておりました。


秋田では後輩に連れられて、ほとんど話したことのない現役逍遙の合宿に一日混ぜてもらいました。
いい子たちでね、変な気を使ったりするんじゃなくて、さりげなく私の居場所を作ってくれて、
私は完全に年甲斐もなくはしゃぐOB

年甲斐もなくはしゃぐOB。
鳥肌のたつ響きですね。

だけど、こういうところ、逍遙らしい優しさだよなって思った。


私たちにとっては、私たちの過ごした逍遙時代が黄金時代だけど、
こいつらは今まさに、人生の一番はしゃぎ倒してる瞬間なんだろうなーと思って、
その宝物の時間に久しぶりに触れて、

一緒に海なんか行っちゃって、


いみじくもちょっと逍遙に戻ったような気分になっちゃったりしてね。




それから、ヒッチと電車と使って新潟と金沢を訪問。
それぞれそこで一人暮らしをして頑張ってる同期の家に泊めてもらった。


逍遙を巡っている間、一人で旅してるって感じは全然しなかった。
でもちょっと、過去を巡っているような気分になった。


そういえば去年は追いコンも行かなかったし、

見送りも最後に行ったのいつだっけ。




たまりばに足が向かなくなったのは、いつからだったかな。




あのころ

私たちは逍遙って言う家族で、逍遙は私たちの場所だった。


用もないのに毎日毎日、

場所変えればいいのに、蚊に刺されながら、一日中だってあそこで過ごしてた。


ときには誰かが(私なときもある)大騒ぎして暴れたり、時にはしんみり人生語ったり、
いろんなことした。言葉に出来ないくらい、いろんなことをしたね。




私たちは逍遙って言う家族で、逍遙は私たちの場所だ。



そんな風にずっと思ってて、

だけど、いつの間にか、

その場所はもう私たちの場所じゃかった。



それを目の当たりにするのがなんとなーく嫌で、
もう逍遙じゃないんだ、
って思うのが寂しくて。


あの場所はきっと今も誰かの居場所で、誰かの宝物の時間が流れてるんだろうな。

久しぶりに現役逍遙に会って、今の逍遙の子達が相変わらず、「逍遙」だったってことになんかほっとした。


秋田では、朝起きたら、昨日の楽しかったこととか、駅までの地図とか、シャワーの使い方まで書いてある長い手紙が置いてあった。


新潟では、次の日自分は仕事なのに5時まで頑張るぞ!とか言って一晩中付き合ってくれた。(結局私が寝オチしたけど(笑)


金沢では、朝からヒッチポイントまで送ってもらって、それから、「無理はすんなよ」とおこられた。






自分が逍遙を卒業出来てるのか、出来てないのか、正直あんまり良く分かってない。



ただ言えるのは、
あの頃があるから、私はどこにだって行けるんだと思う。
それと多分、あの頃があるから、私は家族がほしいって言える。


戻りたいって少しも思わなかったわけじゃないけど、だけど、今いる仲間と、それぞれの道で、進みたいって気持ちの方が強い。

たまり場はもう私たちの場所じゃないけど、あのときの仲間は、それぞれの道を歩きながら、つながってる




と、思った。





くらた
つながっ…てる、んですよ。たぶん。(不安)
とりあえず一ミリも笑いがなくて申し訳ない。

まだしつこく推しますよプチヒッチ不必要なところで辛抱強いタイプです。


無事に帰ってきましたプチヒッチ!!!
旅記録に書くつもりではあるんですが、今日からまた旅に出ちゃうので


とりあえず今回出会った方たちをちらっとご紹介だけしてきます。


○つるぴかたこ焼きおじさん (浜松→御前崎)
 名前からして分かりますね、超フレンドリーな面白おじさん。むしろもうお父さん。
 今度絶っっ対たこ焼き食べに行きます!!!


○世界を回った猟師さん (御前崎→静岡)
 明日出港の遠漁船の中を案内していただきました!あまりのリアル漁船ぶりにくらた興奮(笑)


○インテリ系トラック野郎 (静岡→いちごライン)
 どこからかさわやかな風の吹き抜けるような、紳士なおじさま。

 なのにトラック野郎。ステキすぎます。


○葬儀屋さん (いちごライン→静岡)
 くしゃっと笑う顔が可愛らしいお兄さん。
 
仕事の荷物届ける途中っていうので、何か聞いてみると、




 「遺影!」と屈託なくおっしゃってました(笑)




 イエイ!(不謹慎)


○悩殺彼女 (静岡→富士)
 大学生さわやかカップルなんだけど、

 彼女の下唇を噛みつつ上目遣いぎみのはにかみ笑いに

 
 完膚なきまでに悩殺されました。

 男だったら絶対「この子俺のこと好きだ」と思ってたに違いない。


○田中鉄鋼 (静岡→沼津)
 絵に書いたような気のいい仲間たち。
 なんかホントに仲のよさが伝わってきて、楽しかった!

○あした葉
 これまた気のいい居酒屋。
(ヒッチではないです。でもとってもいい店だったので書こうと思って。沼津駅前。)

○日本を守るお兄さん (沼津→御殿場)
 優しい目をした自衛隊のお兄さん。

 アツイ心と隆々たる筋肉。


 
 そして車の中には旅道具とギター。






 そして好物は方言をしゃべる女の子。いや、いいひとだったんすよ!


○大人な二人 (御殿場→秦野)
 温泉旅行帰りの大人なカップル。
 本気でヒッチハイクなのか何回も確認されました(笑)冬美さん超いいひとだったぁー!

○海の男 (秦野→厚木)
 江ノ島にナン夏の思い出作りに繰り出す途中の綺麗なお兄さん二人組。
 何気なく明日仕事じゃないんですか?と聞いたら、


 「世の中にはそんなことより大事なことがあるんだよ!!!」
 とってもまっすぐな目で言い返されました(笑) 

○海の男2 (厚木→練馬)
 こちらも海帰りの若者3人組。まじめでノリのいい良い若者達でした。




あとなんかこの子のフェロモンが車の中に漂うのか、
私まで普段より女の子扱いしていただいたような気がいたします。(おこぼれ)


なんにせよ、



楽しい人たちに出会い!!


可愛い笑顔で「行って良かったよ」っていってもらえたので!!!!






一緒に言ってくれた友達にも心配かけたひとにもそしてそして乗せてくれた人にも乗せられなくたって心の中で応援してくれた人にもじゃあついでに日本を支えるそこのあなたにもそしたらついでに生んでくれた親にももーこの際だから言いたい事も言えないこんな世の中に生まれちゃったひともれなく全員に









どうもありがとうございました!!!!!
結局それが言いたかっただけでして。





くらた
明日からは夏休みー!!!秋田から南下予定です。待ってろこまつぅ!

むふふふーん。


行ってきます。


ヒッチハイク。



今回はりえぞうとじゃなくて、同期のお友達と行ってきます。

なんと、ヒッチハイク初めてのご新規さん!!

「一緒にヒッチする??」って私よく言うんだけど、ほんとに来てくれる子は初めてです(笑)



ちょっと体験ヒッチということで
土日の二日間で敢行するので、
あとちょっとキャッチーにするために




プチヒッチハイクということで。




くらたが初めてヒッチハイクに連れて行ってもらったときのように
楽しんでもらえたらいいな
と思っております。


明るくてよく笑う子なので、しかも賢い子なので、
多分ヒッチハイク向いてると思うんだけど。





ただちょっと心配なのは












胸がものすげぇでけぇということです。








わたくしの慎ましやかなるおっぱいを三つ四つ足しても一向に足りません。
私の胸をそこに正座させて、あの子の胸を見習ってアンタもうちょっと頑張んなさいよと説教したいところです。だけど君もこれで精一杯なんだよね。わかってる、わかったから泣くなよ、無理言って悪かったよ。



ということで

全国の運転手さん!理性を保ってネ!!!


というわけで!一泊二日のプチヒッチ!
行ってきます!



くらた
流行らないかなぁプチヒッチ。
流行らないですか。そうですか。
ついでといってはなんですが安全祈願よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。